【体入に応募する前に読む記事】キャバクラの面接攻略ガイド

体験入店の注意点

体入前には必ず面接がある

ナイトワーク(特にキャバクラ)の採用フローは面接・体入・本入店という流れが一般的で、ほとんどのお店では体入前に面接が行われます。
そのため、面接で落とされると体入することができません。

体入へ進みたいなら面接対策が必須ですが、では一体どんな対策をしたらいいんでしょうか?
以下でじっくり解説していきます!☆

キャバクラの面接で見られるのはどんなところ?

まず体入前の面接でチェックされるポイントは次の3つです。
どれも合格に大きな影響を及ぼしますので、注意して面接に挑みましょう!

・容姿や服装と清潔感
・面接時の態度
・マナーや一般常識

ナイトワークは容姿が比較的重視される業界です。
お店のコンセプトに沿っていたり、平均以上の容姿を持っていると合格率が上がります。

ただし、容姿が普通でも諦めないで!
お客さんウケしそうな個性(例えば話が面白いなど)があれば、容姿はそこまで影響しませんよ☆

見た目に自信がない人は自分のキャラをアピールしていきましょう♪

キャバクラの面接においての服装


お店のコンセプトに沿わない服装だと、容姿が可愛くても合格率が下がってしまいます。

服装はお店の雰囲気に合わせるべきですが、清潔感も忘れてはいけません!
不潔な雰囲気だと、お客さんが避けてしまうからです。

キャバクラの面接時のマナーや常識


面接では態度やマナー、一般常識もチェックされます。
ナイトワークはマナーなどが非常に重要な業界ですので、タメ口を使ったり、面接態度の悪い人は例外なく不合格になります。

この辺りは他の仕事と同じですから、しっかり気を引き締めて挑みましょう!

経験は無くても問題ない


お店によっては経験者を優遇していますが、ナイトワーク未経験でも問題はありません。
特に「未経験者歓迎」と書いてあるお店の場合、経験の有無は面接に影響を与えないんです。

経験よりも上記で書いた服装や態度のほうが重要なので、ナイトワーク未経験の人は、服装などに気を配ったほうがいいでしょう☆

こんな人は面接に落ちる

ただし、ナイトワーク経験者であっても、以下に該当するような人は面接で落とされます・・・。
当然未経験の人も注意が必要です。

・タメ口で喋る
・面接担当者に対する態度が大きい
・面接の途中でスマホが鳴る
・服装が子供っぽいか不清潔

上記でも触れましたが、ナイトワーク業界はマナーがとても重要
面接担当者の質問にタメ口で答えたり、大きな態度を取ることは絶対に避けましょう!

やってしまいがちなNGマナー足を組んだり、目を見ずに話したりするのはマナー違反×
面接中にスマホの着信音が鳴るのはマナー違反×

子供っぽい服装や、不清潔な服装も面接で落とされる原因になります。
清潔感の重要性は先に述べた通りですが、服装は基本的に”夜の世界”で働くことを意識してください。

特にキャバクラの場合、Tシャツなデニムなどのカジュアルな服装はNG!
ドレスワンピなど、大人の女性らしい服装で面接に挑みましょう☆

体入の面接で良く聞かれる質問内容とは

面接では様々なことを聞かれますが、ほとんどのお店で次の5つを聞かれます。

1.ナイトワーク経験の有無
2.彼氏はいるか
3.お酒は飲めるか
4.シフトに入れる曜日や日数
5.志望動機

ナイトワークの経験の有無はもちろん、シフトに入れる日数や志望動機なども聞かれますが、このうち対策が必要なのは5番目の志望動機だけです。
なぜそのお店を希望したのか考え、答えられるようにしておきましょう。

2番目の彼氏の有無について聞かれるのは意外かもしれませんが、実は大切なことなんです!

例えば、お店がクリスマスやバレンタインなど、何らかのイベントを行うことがあります。
でも、彼氏がいると出勤できない場合もありますよね?

太客が付くようになると、彼氏が原因でお客さんとトラブルになる可能性も否定はできません。
こうした事情があるため、ナイトワークでは面接時に必ず彼氏の有無を聞いてきます。

質問には全て正直に答えましょう!

キャバクラの面接で聞かれることは沢山ありますが、どの質問にも正直に答えることが大切です。
絶対に嘘を付くのは止めましょう!

確かに自分に不利な質問があるかもしれませんが、嘘がバレてお店とトラブルになるリスクが潜んでいます。
もしお酒が苦手なのに「飲めます」と答えたら、自分も辛いですし、お店も「話が違う!」となりますよね。

どのような質問でも、嘘は絶対にいけません。
最悪クビになる可能性もありますので、上記で挙げた質問はもちろん、他のことも正直に答えましょう!

タイトルとURLをコピーしました