キャバクラに体入したい未経験者向け!当日チェックするポイントは?

体験入店の基本

キャバクラ・ナイトワーク未経験者のためにあるのが体入です!

キャバクラなどのナイトワークを始める際、特に重要度が高いものが体入です。

体入は経験者にもメリットの大きな仕組みですが、未経験者のためにあると言ってもおかしくありません!
特にお店のことを知るチャンスですから、体入をしたら以下の点を重点的に確認して下さいね☆

お店のことを知れば、ナイトワークの全体像も把握できるでしょう。

体入当日にチェックすること!その1:お店の雰囲気

お店の雰囲気はとても重要です。
誰も雰囲気が悪いお店や汚いお店で働きたくないですよね・・・。

そのため、体入したら真っ先に確認しておきましょう!
問題はどこを見るかですが、最低でも以下3つはチェックすることをおすすめします!

・自分の肌に合っているか
・店内照明の明るさ
・トイレやバックヤードの清潔感

①店舗全体の雰囲気

入店後は長く働くことになります。
けど、お店全体の雰囲気が自分に合っていないと、1ヶ月と持たずに辞める場合もあります。

逆に雰囲気が自分好みなら、数年間在籍することもあるでしょう。
もし体入の段階で自分の肌に合わないなと感じたら、本入店を考え直すべきかもしれません。

②店内照明の明るさ

「なぜ?」と思うかもしれませんが、ボディタッチを黙認している可能性があるから。

照明が暗すぎると、スタッフから見えにくくなるため、お客さんもキャストを触りやすいんです!
客に体を触られるのは誰だって嫌ですよね。

実は照明の明るさも風営法で定められています。
暗すぎても明るすぎても駄目で、場合によっては営業許可が下りません。

雰囲気作りのために照明を落としているお店もありますが、極端に暗いお店は何か裏があると考えておきましょう。

③清潔感

トイレやバックヤードの清掃具合をチェックしてみましょう!

汚れが目立ちませんか?
汚いお店は本入店を避けるべきです。
そんなお店はスタッフが気持ちよく働けないし、お客さんにも避けられてしまいます。

誰も汚いお店でお酒を飲みたくないですよね。
清掃が行き届いていない店は、何に対してもいい加減な事が多く将来性に疑問が残りますので、自分の肌に合っていても止めることをおすすめします!

その2:お店のお客さん

お店に来るお客さんもチェックしておきましょう!
本入店を決める際の重要な判断材料になります。

お客さんお傾向が自分に合っていないと、働くこと自体が苦痛になりかねません。
特に以下の2つは確認して下さいね。

・客層と年齢
・来店人数と使う金額

客層や年齢層はお店の方向性によって変わりますが、皆さんが本入店後に接客することになります。
体入は時間が短いため、全て把握するのは困難ですが、少しでも多くのお客さんを観察してみましょう☆

来店人数や利用金額は、自分の稼ぎにも影響する重要な要素です。
特に来店人数が少ないお店だと、他のキャストとお客さんの取り合いになるかも・・・。

客単価が安いキャバクラの場合、各種バックにも期待できません。
稼ぎを重視するなら来店人数が多く、かつ客単価の高いキャバクラを選びましょう!

その3:ボーイや店長の仕事

ボーイ・店長の仕事ぶりも確認をおすすめします。

どんな風に働いていますか?
次の3つはよく見ておきましょう☆

・店内での動き
・お客さんの対応

店長やボーイの動きがキビキビしているなら良いお店です!
逆にダラダラ動いているお店の場合、スタッフの質が良いお店とは言えません。

また、お客さんを応対する際の態度も見るべきです。
丁寧に対応しているなら、スタッフ教育が行き届いている証拠。

もしお客さんとトラブルになった時でも、安心して対応を任せられますね☆

その4:キャスト同士の仲の良さ

ナイトワークは独特の人間関係が成り立っている世界です。
特にキャスト同士は特殊で、仲の良さがお店の雰囲気に影響を及ぼしている場合もあります。

今後働くにあたって大切な要素ですので、キャスト同士の仲をこっそりチェックしてみましょう!

キャスト同士の連携が取れていたり、アットホームな雰囲気なら問題ありません。
本入店後も安心して働けるでしょう。

逆に以下のような黒いものが見えた時は要注意!

・他のキャストに声を掛けられてもシカトする
・お客さんの前で他のキャストの嫌味を言う
・特定キャストに対する嫌味や小言
・特定のキャスト同士でしか話さない(派閥の可能性がある)

人気店や繁盛店の場合、キャスト同士はライバルであり、日々し烈な争いを繰り広げていることも珍しくありません。

こうしたお店は派閥やいじめも日常茶飯事です。
でも、自分が働くにあたっては大変危険な要素となりますよね。

例えば自分がいじめの対象になったり、派閥争いに巻き込まれる可能性も否定できません。
厄介事は誰だって嫌だと思いますので、上記に該当したら本入店を見送りましょう。

体入はお店をじっくり観察する機会

体入は働いてお給料を貰うだけじゃいけません。
お店の雰囲気や客層、スタッフの仕事ぶりなど、チェックすべき点が沢山あります!

これらは体入時にしか確認できないので、機会を逃すと後悔するかもしれません。
体入中は神経を張り巡らせ、お店を隅から隅まで確認してみましょう☆

タイトルとURLをコピーしました